ビルベリーの健康効果

ビルベリーの健康効果 写真

ビルベリーの健康効果

 

ビルベリーとは

ビルベリーはヨーロッパやアジアの北部、アメリカ北部、カナダなどが原産で、高さが60㎝ほどの低灌木植物です。果実は夏に熟し、収穫されます。その果実は、同じツツジ科スノキ属のブルーベリーと似ていて、果皮は濃い青紫色です。しかし、ビルベリーの果実は直径6~10㎜ほどで、ブルーベリーの果実よりも小ぶりです。また、ブルーベリー果実の果肉は淡黄色ですが、ビルベリー果実の果肉は果皮と同じ青紫色をしています。原産国では生で食べられることもありますが、果実がつぶれやすく、酸味も強いため、その多くはジャム、ジュース、ドライフルーツなどに加工されています。

ビルベリーには、その果実の色のもとである成分、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが15種類も含まれており、一般栽培種のブルーベリーの約5倍のアントシアニン含有量があるといわれています。また、食物繊維、ビタミンC 、亜鉛、マンガンを多く含んでいることでも知られています。

ビルベリーの果実や葉は、中世から薬としても使用され、下痢、口内の炎症、泌尿器系の症状、糖尿病などさまざまな症状に用いられてきました。現在、ビルベリーは欧州では生薬として血管障害や視力障害の治療に使用されています。また、日本も含めて、各国で視力低下、白内障、静脈瘤、動脈硬化などの症状を改善する栄養補助食品として販売されています。

 

ビルベリーに含まれる主な成分とその効果

アントシアニン…視機能の改善、抗酸化作用など

食物繊維…お腹の調子を整えるなど

 

 

ビルベリーの健康効果

現在、ビルベリーの健康効果を調査する多くの研究がなされており、最近のいくつかの研究では、ビルベリーの有益な効果が指摘されています。

 

(1)視機能の改善

ビルベリーに含まれているアントシアニンは、パソコンやスマートフォンなどによって目の酷使した時の眼精疲労を軽減する可能性があることがわかってきています。また、パソコンやスマートフォンの画面からのブルーライトから、目の細胞を保護する効果があることもわかってきています。

さらに、いくつかの研究により、白内障、緑内障、糖尿病網膜症の予防や治療に有用である可能性も示唆されています。

 

(2)抗酸化作用

ビルベリーに含まれるアントシアニンは量も種類も多いため、強い抗酸化作用、つまり生活習慣病や老化を引き起こすといわれる活性酸素を除去する効果があることがわかってきています。

 

(3)お腹の調子を整える

ビルベリーの果実には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がともに含まれています。水溶性食物繊維にはコレステロールの吸収を抑える働きや、血糖値の上昇を抑える働きがあります。不溶性食物繊維は有害物質の排泄作用があることが知られています。また、どちらの食物繊維とも、排便を促し、腸内環境を整える働きがあります。

 

(4)その他

その他にも、ビルベリーを摂取することにより、歯茎の炎症や出血が抑える効果や、血液の流れを良くする効果、花粉症を予防する効果などの研究が報告されています。